>
NanaHoshi概要

NanaHoshi™は、従来のリレーショナルデータベースの持つコミット/ロールバック機能(ACIDトランザクション機能)をNoSQLであるApache Cassandraで可能にするための、BASE概念に基づいた独自開発ミドルウェアです。アプリケーションとApache Cassandraの間でデータ整合性制御を行い、エンタープライズ向けであるBlueRabbitソリューションにおいても重要となる排他制御やトランザクション制御の機能を担っています。

Apache Cassandraの持つ柔軟なスケーラビリティと高い耐障害性はNanaHoshi™を使用してもそのままです。トランザクション処理の負荷も均等に分散し、スケールアウトできます。

もちろん単一障害点(SPoF)もありません。さらに、地理的に離れた複数のデータセンターを同時に使用して、災害に強いシステム構築を行えます。

一般的なLinux上で動作します。パブリッククラウド/プライベートクラウド環境はもちろん、オンプレミス環境でも構築可能です。

NanaHoshiの主な特徴

トランザクション制御

複数ノード、複数テーブルに分散された複数データに対する、カラム単位でのコミット/ロールバック機能(トランザクション機能)。
トランザクション管理は元データから分離されているため、ダーティ・リード等は発生せず、トランザクション分離レベル「REPEATABLE READ」相当での操作が可能。
さらにリスト機能(インデックス機能)を併用することで、最も強いトランザクション分離レベル「SERIALIZABLE」相当での操作も可能。

拡張性・耐障害性

トランザクション管理自体を多数のNanaHoshi™ノードに分散できるため、スケーラビリティと耐障害性に優れています。
マスタレス設計により、Apache Cassandraと同様に単一障害点(SPoF)はありません。
もちろん地理的に離れた複数のデータセンターをまたいだクラスタを構築することができます。
 

ソート済みリスト

データを指定の順番に並べて保存しておくソート済みリスト機能。
データ順序を決める独自のカスタマイズ関数を指定可能。
トランザクション機能に対応しているので、マスタテーブルの更新とリストの同時更新を確実に行うことができます。

Apache Cassandra自体には一切手を加えずにミドルウェアとして分離されているため、Apache Cassandraのバージョンアップを行いやすく、問題発生時の原因切り分けが容易になります。

ご要望の多かったGraceful shutdownに新たに対応。サービスに影響を与えないサーバメンテナンスを可能にします。

非同期処理モード(コールバック方式に対応)

トランザクションタイムアウトに対応

楽観的ロック/悲観的ロックの選択

パフォーマンストレース機能

BlueRabbit/NanaHoshiによる構築事例

国内トップクラスの事例数

エンタープライズ向けシステムの実績としてApache Cassandraによる事例数は国内トップクラス!
BlueRabbit™/NanaHoshi™を使用することで、抜群のスケーラビリティはそのままに、複雑な業務アプリケーションをApache Cassandraのみで構築することができ、IoT用途からECサイトまで様々な領域でご利用頂いています。
詳細は「BlueRabbitソリューション」のページをご覧ください。









サービス

導入サポートサービス

Apache Cassandra + NanaHoshi™ を利用したシステム構築を検討中のお客様にシステム導入の提案から構築までを実施します。

システムサポートサービス

システムを導入したお客様向けに、製品に対する問い合わせの回答や、導入したシステムの監視・保守サービスを提供します。

コンサルティングサービス

今後 Apache Cassandra + NanaHoshi™ の導入を検討中のお客様向けに、技術的な設計支援や、すでに導入済みのシステムに対する問題点を解決するための支援を行います。

トレーニングサービス

Apache CassandraやNanaHoshi™、関連する技術要素について、お客様ご使用前のトレーニングを提供します。

信頼のゴールドパートナー

国内初ゴールドパートナー

2015年4月21日、BlueRabbitを開発・提供するウルシステムズ株式会社は米国DataStax社の国内初ゴールドパートナーに認定されたことを発表しました(プレスリリース)。
これを受けて、DataStax社の企業向け商用ソフトウェアDataStax Enterprise(DSE)に対応するDSE版BlueRabbitを開発したことで、BlueRabbitに含まれるNanaHoshiも対応しています。

DataStax Enterpriseに対応

DSE版BlueRabbitでは、Apache Cassandra版の機能に加えて、インメモリーオプションによる高速化、Apache HadoopやApache Sparkを使ったデータ分析、データの全文検索などの機能を利用できます。データベース部分はDataStax社の公式サポートをそのまま受けられます。

価格情報

初期費用とライセンス費用

NanaHoshi™サーバを起動するためにライセンスファイルが必要になります。
初期費用およびライセンスファイルの価格につきましてはお問い合わせください。
  お問い合わせ

サポート費用

各種サポート費用およびトレーニング費用につきましては個別にお見積りさせて頂きます。
お手数ですが、下記よりお問い合わせください。
  お問い合わせ